お尻のお悩み解消コンテンツ

お尻のお悩み

お尻や足にしびれを感じたら…ひょっとして坐骨神経痛?
お尻や足にしびれを感じたら…ひょっとして坐骨神経痛?

いつもお尻に痛みを感じたり、足にしびれを感じたりしていませんか?普通の腰痛とちょっと違うなと思ったら、もしかしたら坐骨神経痛かもしれません。今回は坐骨神経痛についてご紹介します。

■坐骨神経痛とは
しばしば耳にする「坐骨神経痛」とは、病名ではなく症状の呼び名です。お尻や下肢にしびれや痛みがある症状のときに使われる呼び名のことで、お尻や下肢につながる神経が圧迫されることで起こります。症状の程度は幅広く、軽いしびれがあるだけの場合もあれば、安静にしても眠れないほど痛みを感じる場合もあります。

■坐骨神経痛の主な原因
坐骨神経痛の主な原因として挙げられるのが、脊椎間狭窄、腰椎ヘルニア、腰椎すべり症、梨状筋症候群などがあります。原因の特定には医療機関の正しい診断が必要ですので、お尻や下肢にしびれを感じたら、症状の程度に関わらず一度整形外科に相談しましょう。梨状筋症候群が原因の坐骨神経痛の場合は、セルフケアによって症状を緩和することができるケースがありますので、その方法をご紹介します。

■緩和させるには
お尻の筋肉の硬直を和らげることで、症状が和らぐ場合があります。こりすぎて固まったお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫し、しびれや痛みが起きているときは、ツボ押しやマッサージによって筋肉をやわらかくすることができれば、改善が期待できます。整体などで適切な施術を受けてみることをオススメします。また、日頃から正しい姿勢で座るように意識したり、冷えを防いで血行を促進させたりすることも効果的です。

PAGE TOP